骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
ホーム > 坐骨神経痛 > ずっと付き合うことになる腰痛

ずっと付き合うことになる腰痛

仕事の関係上中腰になったり重いものを持つことがあります。1番はじめに違和感があった時は筋肉痛だと思っていたのでそのままにしていました。現に少し休めば治っていたのです。

それから少し経った時に物も持てないような痛みが走り病院へ行くことにしました。そこでは腰に痛み止めの注射され数日後にその痛みが消えてなければブロック注射をすると言われました。周りに聞くとブロック注射はかなりの激痛だと知り数日後に痛みが消えてなかったのですが痛みはないと嘘をつきました。

最初よりは痛みが取れていたのもあったからです。それからは痛みが出たり出なかったりでした。何の対策も治療法もしていませんでした。

ある時にまた腰が痛い時に知人にきちんと調べた方がいいと言われこの腰痛は何なのか調べてもらうことにしました。病院でMRIという機械で調べてもらうと初期のヘルニアという診断結果が出ました。初期のヘルニアと言われても全く意味がわからなかったのですが先生いわくひどくなれば歩くことも困難になると言われました。それでは手術をすれば治るのかと聞くと良くなるとは限らないとの回答がありました。

じゃぁどうすれば坐骨神経痛にいいのかと思いました。結果、筋肉で骨を支えるということでした。腹筋を鍛えるか重い物を持たないということでした。仕事を辞める訳にはいかないので腹筋を鍛えることにしましたが中々上手くはいきません。重い物を持たなかったり中腰での作業をしなければ私の場合は腰が痛くなることはないのですが痛みが出てからは酷いです。

坐骨神経痛と神経症の対処と治し方!完治への道

サポーターも試しましたが自分には合わない。この腰痛が関係しているのか分かりませんがぎっくり腰になることも少なくありません。

これ以上の悪化を防ぐことしかできないので現状維持を保ちながら付き合っていくしかないのかと思います。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
頻尿 腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 子宮が痛い 非公開車両 足の痛み 子宮腺筋症 ラミューテ