骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
ホーム > 坐骨神経痛 > 長時間の自動車運転で坐骨神経痛に

長時間の自動車運転で坐骨神経痛に

自動車の運転、長時間の自動車の運転は腰痛、坐骨神経痛の症状を悪化させてしまう可能性の高い動作です。

坐骨神経痛は腰椎を通る神経への圧迫によって引き起こされます。

運転中はずっと座る状態を維持しなければなりません。

運転中ずっと座っていると腰に負荷がかかり続けている状態が続くことになります。

上半身の重さがずっと腰にかかることになるからです。

立ち続けているほうが下半身の関節へも負荷が分散して腰に重さがかからないです。

長時間自動車の運転をすることは腰に負担がかかり続ける姿勢・状態なのです。

しかも運転中はなかなか姿勢を変えることができません。

 

腰に負担のかかる前傾姿勢は予防しましょう。

長時間の運転が続くと眼が疲れてつい前傾姿勢になりやすいです。

余計に根元の首や腰の一部分に負担がかかってしまいます。

車の座席シートに深く座ってシートの背中の張りのかたちに背中の姿勢を当てて整えましょう。

お尻の下中央にクッションを当てるのも良いです。

首の後ろ、背中のそる箇所などにちょっとしたクッションを工夫して当てるのも良いです。

運転に疲れを感じたら15分程の休憩を採りましょう。

伸縮運動をして筋肉をほぐして柔らかく伸ばしましょう。

 

座る姿勢の運転中にはコルセットは付けないほうが良いです。

運動中、作業中のコルセットは有効ですが、座る姿勢を維持すること・運転中は一部分だけに負担がかかりすぎたり、さらに圧迫やめぐり不良などのマイナス影響のリスクのほうが大きくなります。

 

現代生活のは車の運転が欠かせなくなっています。

運転中の正しい姿勢とは何なのかを知り、理解しておくことが近道です。

積極的に腰へのマイナス影響を防いでいくことが重要です。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
頻尿 腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 子宮が痛い 非公開車両 足の痛み 子宮腺筋症 ラミューテ