骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
骨に異常はないが坐骨神経痛と言われた
ホーム > 夜間頻尿 > 尿もれは骨盤底筋運動で改善できます

尿もれは骨盤底筋運動で改善できます

子供を出産して以降、一時期尿もれを経験しました。期間は約1年間、子供が生後半年?一年半の頃です。

尿意を少し感じている時にくしゃみをしたり笑ったりすると「あれっ?!」と感じ、慌ててトイレに駆け込むことが多くなりました。

量はそんなに多くなく下着だけが濡れてズボンまで濡れてしまうことはなかったのですが、もしも外出先でズボンまで汚してしまうかも...と不安になり、比較的汚れが目立ちにくい暗い色のスカートを履くことが多くなりました。また、尿もれ専用のパットを当てて普段から生活するようにしていました。

 

着る洋服が制限されること、また、今後年をとるにつれて頻度や量がもっと増えることに不安を感じ、ネットで改善方法を調べたところ同じように悩みを抱えている方が多いと知りました。産後で尿もれを感じる人は多いがデリケートな悩みのため、なかなか体験談を共有しにくいようです。

 

ネットで調べた結果、具体的な対策として「骨盤底筋運動」を行うようにしました。基本的な運動方法は、①仰向けに寝転び膝を立てる、②腕は身体の横に置く、③ 尿道・膣・お尻の穴をギュッと締めた状態を10秒キープする、④力を抜いて50秒休憩する、です。この①?④の運動を1セットとして、これを1日最低10セット行うようにして、時間に余裕があれば回数を増やして運動していました。

 

骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉で、尿道を開けたり閉じたりするときに使う括約筋という筋肉とつながっているのですが、出産で骨盤底筋に大きな負担がかかり緩んでいることで尿もれが起こるそうです。この緩みを上記の運動で元の状態に戻すことが効果的とされており、実際、運動を続けることで尿もれが改善されました。今では尿もれパッドはつけておりませんし、好きな洋服を着ることができているので、同じ悩みを持たれている方には骨盤底筋運動をお勧めしたいと思います。

夜間頻尿


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加
頻尿 腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 子宮が痛い 非公開車両 足の痛み 子宮腺筋症 ラミューテ